« 信楽まちなか芸術祭 | トップページ | 毎度のことですが・・・ »

信楽焼繋がり

みなさま、こんにちは!南です。
谷口さんの記事↓を読んで、
私の思い出話を♪

10年ほど前のことですが…
『信楽高原鉄道だ!乗りたい!』
と大はしゃぎの私!
貴生川の実家からご機嫌で乗り込みいざ信楽へ出発!!

ちょうどイベントをされていたので、賑わっていて、
お買い得品も沢山!!
これは楽しすぎ

そんななか、ひとつの大きなカメが目につきました。
直結50センチ以上はあるかという、立派なカメ。
(亀ではありませんよ)
実は、うちの実家の母が前々からカメを欲しがっているのを知っていた私は釘付けに。
なんと3000円!!
理由は『欠け』があるから。
でも、色も素敵でとってもイイ!!
よしっ

と、そのカメを買っちゃいました
しかーし、そこからが大変。
意外と軽いが、ものすごーく目立つカメを担いで信楽高原鉄道へ。
はい、ものすごーく目立ちまして、注目浴びまくりで
普段なら車にドーンで持って帰れたものを、
こうやって運ぶのは想定外でーす。

何人かの方に、
『どこまで持って帰りはるんですか
などと、質問されながらも、無事、貴生川に到着。
母の元に届けることができましたとさ。

伝説?のカメ仙人でした(笑)

« 信楽まちなか芸術祭 | トップページ | 毎度のことですが・・・ »

minami」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 信楽まちなか芸術祭 | トップページ | 毎度のことですが・・・ »