« 祇園祭り | トップページ | 新ジャガレシピ♪ぜひ作ってみて! »

絵本の読み聞かせ

梅雨らしいジメジメとした日が続いていますが、皆さんお元気ですか?

昨日は息子が通う小学校へ読み聞かせに行ってきました

今回は6年の息子がいるクラスを担当し、
絵本は『たいせつなおくりもの』(スーザン・バーレイ 絵・作/ 評論社)をチョイス
「死」について書かれた悲しいお話ですが、残されたものたちで毎日を大切に生きて欲しいというメッセージが込められていて、中学進学に向けた6年生たちに贈る言葉として選びました。

前日に息子の前で練習して読んでいたら思わず涙してしまったので
本番は泣かないようにと意識して読みました。
それにしても、みんな絵本に集中して聞いてくれるものです。
毎回、子どもたちの元気な笑顔、澄んだ眼差しを見ることが
読み聞かせをやってて良かったぁと思う瞬間ですね

         成長した6年生たちの姿を見て、違う意味でウルウルしてしまう谷口なのでした・・・

« 祇園祭り | トップページ | 新ジャガレシピ♪ぜひ作ってみて! »

taniguchi」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祇園祭り | トップページ | 新ジャガレシピ♪ぜひ作ってみて! »